相続税評価を下げる

合同会社を設立すると相続税評価を下げることができます

誰もが、払う税金は少なければありがたいと思うものです。どうしたら税金を減らせるのか、専門誌や新聞などで紹介されている節税対策記事を読み、勉強している人も多いでしょう。最近特に注目されているのが、祖父母から孫へ教育資金として贈与できるものです。一人に1500万円まで無税で贈与することができ、人気となっています。こうした、税金を払わずに子や孫へと遺産を贈与する方法をいろいろ行うことで節税対策ができ、やらない人との差は大きくなります。

田舎の両親が、所有する田や畑で農作物を作っていましたが、高齢で出来なくなり、農地が荒れて困っている家は、結構あるようです。子どもは結婚して都会に暮らし田舎に戻る予定もなく、農地を売って現金化して贈与する人もいるでしょう。節税対策を考えている人は、農地にマンションやアパートを設立し、それを贈与することで、相続税評価額を下げるのです。今、田舎では、昔農地、今マンション状態になっており、土地活用と節税の二つのメリットから、行う人が増えています。家賃という収入も、毎月入りますから、業者に勧められ建てる人も多いのでしょう。意外に知られていない節税方法の一つに、合同会社を設立して相続税評価を下げることができます。合同会社は、たった6万円で設立することができるのです。登記に必要な書類も少なく、簡単に設立することができます。

使用する経費の範囲も広がり、例えば携帯電話を法人名義にすれば経費として落とすことができ、節税に繋がります。
合同会社は、出資者全員が間接有限責任社員となり、その構成による組織となります。合同会社は株式会社と同じように、間接有限責任になっているため、一定のリスクは回避でき、これが大きな特徴といえます。少ないコストで設立でき、有限責任ですもこと、少人数の組織のため意思決定が迅速にできること、利益や権限の配分見直しを簡単にすることができるなどが、合同会社の大きなメリットになります。機動性に富み、小回りが効く、身内などで運営するには、最適な会社といえます。

合同会社は、配偶者控除が、基礎控除とあわせて2110万円まで贈与税が無税となります。この対象になるには、婚歴20年以上、配偶者が住む不動産もしくはそれを購入する資金の贈与であることなどがあります。
具体的には、自宅の一部を配偶者控除を適用して、配偶者に生前贈与し、残った土地を小規模宅地の評価減を利用して節税します。将来売却する予定であれば、自宅建物を夫婦共有にすることで、居住用資産の3000万円控除の特例を夫婦で受けられ、6000万円まで控除することができます。世の中、知らないと損をすることが多く、勉強して節税対策をする人は、こんなに払う税金を減らせるのです。